犬や猫にも血液型があり、献血することが可能であることが分かりました~実践ビジネス英語の「Pets Giving Blood(ペットの献血)」を2週間聴いて~

実践ビジネス英語の今年度の最初のテーマが、「ペットの献血」だった。犬や猫にも血液型があり、献血ができるのを初めて知った。さらに、血液銀行では、需要に見合う供給がなく、ペットクリニックで行われる手術が増えてきていることが要因であり、ペットを家族の一員としてみなす家庭が増えてきていることがわかる。


 内容は、次の通り。
 献血犬は今、ちょっとしたブームになっており、ペットの犬や猫が事故に合って手術をしなければならない場合には、輸血が必要になってきます。ペットの献血のためのインフラは、人間の献血制度ほどにはまだまだ整備も普及も進んでいないのが現状である。
猫や犬にも血液型があり、猫には3種類、犬には10数種類もあるが、自分の犬をドナーにさせようと思っている場合、その犬の血液型が分からなくも獣医が血液型の判定と血液検査をしてくれる。
 

 cats have three blood types and dogs have a lot more – a dozen or so. 
That’s when I found out that dogs can donate blood as well. It sounds obvious whe nyou think about it, but if your cat or dog has an accident and needs surgery, a blood transfusion may be necessary.
 

 ペットの血液銀行の数は需要に見合っていない。血液の供給が需要を満たしていない場合が多い。そうした不測の一つの大きな理由は、動物クリニックや動物病院が行う治療が増えていることである。

 But generally speaking, the infrastructure for pet blood donation isn’t nearly as developed and widespread as the human version.
The problem is that there simply aren’t enough pet blood banks to match demand.
One big reason is that veterinary clinics and hospitals are performing more treatments.

 The ideal donor is between 1 and 5 years of age, and in good physical condition.
 

 理想的なドナーは1歳から5歳で、健康であることが条件です。
 

 A complete blood test is fairly costly, but owners who donate their pet’s blood usually get some free services, such as tick prevention medication for free. In addition to dog biscuits, some donors receive a plaque of appreciation from the vet. 
 

 完璧な血液検査はかなり高価ですが、ペットに献血させる飼い主は、無料のダニ予防薬など、何らかの無料サービスを受けることができます。さらに、獣医から、犬用のビスケットに加えて、感謝の銘板をもらうドナーもいるようです。

 euthanasia is the absolute last resort for pets. They have such a close bond with their pets.many studies have identified clear health benefits from having a pet.
安楽死は最後の選択肢のようです。飼い主はペットと非常に強いきずなで結ばれています。多くの研究によって、「ペットを飼うことは間違いなく健康にいい」ことが明らかになったのを、私たちは心に留めておくべきです。

2件のコメント

  1. 初めてコメントさせていただきます。
    私も犬を飼っており、過去に手術を経験した時に献血のありがたさを感じていましたので、今回の記事を読ませていただき、共感する部分が多々ありました。
    ドナーの年齢制限は初めて知りましたが、動物の献血が少しでも進み、たくさんの命が救われるように、今回知った事を周りに知らせていきたいなと思いました。

    1. コメントありがとうございます。愛犬の手術の際に献血が役に立ったということ。やはりblood bank 必要ですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。