「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」を観て

2020年12月27日(日)にイオン津南へ観に行った。何せ、同じ職場の先生方が、「見ろ見ろ」とうるさく、最初はイヤイヤだったが、完全にハマってしまった。私に勧めてくれた3人の先生方には感謝したい。この日のために、アニメをNetFlixで全部見て、コミックも同時に借りて読んで、備えた。あらすじは次のとおり(映画.com)。

「週刊少年ジャンプ」で2016~20年に連載され、単行本1~22巻の累計発行部数が1億部を突破する吾峠呼世晴の大ヒット漫画をアニメ化した「鬼滅の刃」の劇場版。19年4~9月に放送され、炭治郎らが無限列車に乗り込む場面で終了したテレビアニメ版「竈門炭治郎 立志編」最終話のその後の物語が描かれる。大正時代の日本。鬼に家族を皆殺しにされ、生き残った妹の禰豆子も鬼に変貌してしまった炭治郎は、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、鬼狩りの道を進む決意をする。蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、短期間のうちに40人以上もの人が行方不明になっているという無限列車に到着する。炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助は、鬼殺隊最強の剣士の1人、煉獄杏寿郎と合流し、無限列車の中で鬼と立ち向かう。

2020年製作/117分/PG12/日本
配給:東宝、アニプレックス

アニメで嗚咽!?声を上げて泣くなんて、何年ぶりか。

私も母を15年前に亡くしてから、母のことを思い出すことが多い。母に褒めて欲しくていろんなことを頑張ったことを覚えている。

ネタバレになるので、この映画についてもあまり書かないことにする。ストーリーも面白いし、感動もする。主人公の炭治郎の言葉は道徳の授業でも使えるかもしれない。

2件のコメント

  1. 管理人さんのオススメにより、一気にアニメを観て、映画も観に行ってきました!
    自分は、管理人さんほど感情移入をして泣くことはできませんでした。良いと聞いていたので、自分のなかでハードルを高く上げすぎてしまったのかもしれません。主人公や煉獄さんのような純真?な気持ちとは、考え方の違いを感じました。道徳の授業として扱っても本当に面白いかもしれませんね!子どもたちが食いついて、いっぱい考えて悩んでくれそうです!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。