「幸せへのまわり道」〜A Beautiful Day in the Neighborhood〜を観て

https://www.misterrogers.jp/

8月30日(日)にふと思い立って、この映画を観に行った。決めては、トムハンクスが出演しているということと評価が結構高いということだった。以下はあらすじ(映画.comより引用)

https://eiga.com/movie/92230/

トム・ハンクスが、アメリカで1968年から2001年にわたって放送された長寿子ども向け番組の司会者フレッド・ロジャースに扮し、アカデミー助演男優賞にノミネートされたヒューマンドラマ。雑誌「エスクァイア」に掲載された新聞記者ロイド・ボーゲルによる記事の映画化で、ボーゲル役を「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」でもハンクスと共演したマシュー・リスが演じた。雑誌記者として華々しいキャリアを築いてきたロイド・ボーゲルは、姉の結婚式に招待され、そこで長らく絶縁していた父ジェリーと再会する。家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を、ロイドはいまだ許せずにいた。数日後、仕事で子ども向け番組の司会者として人気のフレッド・ロジャースを取材することになったロイド。フレッドは、会って間もないロイドが抱えている家族の問題や心のわだかまりを見抜き、ロイドもそんなフレッドの不思議な人柄にひかれていく。やがて2人は公私ともに交流を深めていくが……。監督は「ある女流作家の罪と罰」「ミニー・ゲッツの秘密」のマリエル・ヘラー。

2019年製作/109分/G/アメリカ
原題:A Beautiful Day in the Neighborhood
配給:イオンエンターテイメント

淡々とストーリーが進む。喜怒哀楽を感じることもない。セリフはゆっくりで私は字幕なしでも英語が聴き取れる程だった。静寂が長い。気持ちを落ち着かせて、ホッとしながら観ることができる。登場人物の心理描写が細かく描かれている。表情やセリフの言い回しからどういう気持ちなのか推し量ることができる。

トムハンクスは実在したフレッド・ロジャースという、子ども番組のメインキャスターを務めた伝説的な人物に扮している。地下鉄に乗車するとその車両に乗っている全員が国籍人種関係なく子ども時代にお世話になったその子ども番組のテーマソングを熱唱する。感動的なシーンだった。

フレッドは怒りを鎮めるためにどうすればよいか。悲しみも驚きも全て怒りから発生いている。ピアノを弾いたり瞑想したり、どうすれば心の平静が保てるのかをいつも考えている。

重い過去を持っているロイド・ボーゲルに、過去に戻って自分探しをするように何回か示唆するが、なかなか戻れない。しかし、瀕死の父親ともう一度出会い直しをすることで、すべてがリセットされ、前向きに生きていこうと決意できるようになる。

この映画を観て、何度も自分の過去のことがフラッシュバックしてきた。亡くなった父親のこと、亡くなった母親のこと、弟のこと、5人の子どものこと、連れ合いのこと、自分の家族のことをとても強く感じられた。普段クヨクヨすることが多く、辛いことばかり意識が向いてしまうが、私には永久的な存在として、自分が作ってきた家族がある。よくよく考えれば、今は子どもたちの活躍や生活環境が変わった連れ合いの生き方を見ているのが、とても楽しみである。その生きる上での喜びを心の中に呼び起こしてくれたのが、この作品だった。

感じ方は人それぞれであるが、家族を強く意識させられた映画であった。かなりオススメである。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。