「事故物件 恐い間取り」を観て

ストーリーは以下の通り。映画.comより引用。

事故物件住みます芸人」として、実際に9軒の事故物件に住んだ芸人・松原タニシの実体験を記したノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」を亀梨和也主演で映画化。監督は、「スマホを落としただけなのに」「貞子」の中田秀夫が務めた。売れない芸人・山野ヤマメは「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と先輩から無茶ぶりされ、テレビ出演と家賃の安さから殺人事件が起きた物件に引っ越す。その部屋は一見普通の部屋だったが、部屋を撮影した映像には謎の白いものが映り込み、音声が乱れるなどといった現象が起こった。ヤマメの出演した番組は盛り上がり、ヤマメは新たなネタを求めて事故物件を転々とする。住む部屋、住む部屋でさまざまな怪奇現象に遭遇したヤマメは「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが……。

2020年製作/111分/G/日本
配給:松竹

怖かったが、夜寝るときに頭から離れずに困る、というほどでは無いし、驚かされるシーンも数少なく、グロくもなく、「シャイニング」のように精神がやられるようなこともない。ちょいちょい、友情出演で芸人や有名芸能人が顔を出している。主人公は亀梨和也に似ているなあと思っていたら、その本人だったことが最後にやっと分かった。

ストーリー的には大変面白く、松村タニシさんという芸人の実話である。この映画では、事故物件に住んで4軒目までの話だが、ご本人は現在10軒目の事故物件に住んでいるとのこと。

モンスターとの対決のようなラストシーンだったので、そこは実話とはかけ離れている気がした。

私のようなホラー好きには、怖さがあまり感じられない映画であった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。