発信することで自分が成長する 〜OUTPUT 学びを結果に変える アウトプット大全(樺沢紫苑著)〜

本をたくさん読めば、自分の知識も増えるし、学ぶことが多ければ多いほど自分の成長にもつながると思っていた。しかし、読まないよりはいいが、読んだだけでは自分の成長には繋がりづらいことがわかった。読んだことをOUTPUTしないといけなかった。具体的には、ブログなどで発信することで、学んだことを自分なりにまとめることができる。

講演会で学んだこと、映画や演劇を見て感じたこと、本を読んで学んだこと、しばらくするとかなりの内容を忘れてしまうし、人に話すときには学んだことをまとめて話すことは愚か、内容もあやふやになっていることが多い。それは学んだことをまとめていないからだった。

インプットにはからなずアウトプットをセットにすること。アウトプットの6つのメリットがある。1 記憶に残る 2 現実が変わる 3 楽しい 4 行動が変わる 5 自己成長 6 1〜5は全て結果につながる 

ポジティブな言動で周りを満たすと、よい。Yes How話法というのは、「業績アップしてるね。」→「どうすればもっとよくなる?」という言い方をすると相手のやる気をアップさせることができる。また、雑談力が大切で、リーダーには必須の能力。自分から嫌いな人に声をかけられる手段である。「ギブ&ギブ」の精神で。とにかく役立てるように頑張ろう。「あいつの頼みなら仕方ない。」と思ってもらえるように。

「自己成長を促す叱り方」についても、「怒らない、感情をぶつけない」、「修正したい具体的な行動を指摘する」、「フィードバックする」、「叱る、叱られる」信頼関係を築く、For you あなたのためにの視点で叱ることが大切

いつも笑顔でいることのメリットも書かれていた。1 免疫力アップ 2 ストレス緩和 3 痛みを緩和させる 4 血糖、血圧、便秘解消 5 記憶力アップ 6 幸せになる 7 ポジティブになる 8 長生きする 著者の樺沢さんは精神科医なので、科学的に7つの点をしっかり説明してくれる。私はいつも笑顔ではないので鏡を見ながら口角を上げる練習をすることにしたら、あまり嫌なことが起こらなくなった。笑っている時は嬉しい幸せな時なので、脳がそのことを記憶していて、口角を上げるだけでそういうふうに感情を騙してくれるみたいだ。

この本で、学んだこととして、感謝、褒める、笑顔、脱悪口、いつもポジティブに、睡眠7時間がある。それぞれ全てが自分のためにも周りの人のためにも良いし、よい関係を作ることができる。

学んだことをOUTPUTすること、自分の感情や言動のOUTPUTを心がけるだけで、自分を幸せにすることができることがわかった。かなりこの本からは影響を受け、こうしてブログを始めることにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。