自分を好きになる、人の悪口は言わない、いつも笑顔で、時間の余裕を持って心に余裕を②

「きっと明日はいい日になる」田口久人著(PHP出版)を読んで

一人でいるから孤独なのではなく さびしいと思うから孤独になる 一人だからこそできることもある 一人だからこそ強くなれることもある 自分と向き合った時間は糧となる 一人を楽しめばいい (一人になればいい)

私は一人が好きだ。みんなといるのも楽しいが、一人でいるのも楽しい。友達に必ず人を誘って行動する人がいる。それは否定することではないが、一人の行動も楽しいことはいっぱいある。ブログを書いたり、Youtubeをアップしたり、読書をしたり、映画を見たり、演劇を鑑賞したり、勉強したり、ウォーキングをしたり、旅をしたり、一人でないとできないこともいっぱいある。「自分と向き合う」というフレーズの意味が、いつも、わからない。自分と何をすることが「自分と向き合う」ことなのか。対話する?時間を過ごす?自分について考える?誰か教えてください。

自分のことを自分以上に思ってくれる人がいるのなら 手放さないこと (手放さないように)

私にとっては、家族だ。愛する連れ合いと5人の子ども。私のことを私以上に心配してくれたり喜んでくれたりする。

ほめられることを期待して思い通りにならず 今よりも過去のことばかり考えて必要以上に自分にダメ出しして 自分のことを傷つけて苦手だとわかっているのに無理して続けようとして ほどほどにできず完璧を求めてうまくいかなかったことばかりを思い出して 自分が嫌いになる自分も好きになるのに特別なことは必要ない できない自分も含めて好きになればいい(自分嫌いな人の特徴)

私のことだ。合気道も無理して続けた。黒帯を取った。もっとやりたい。でも、「行きたくない気持ち」がずっとあった。前日の夜から緊張してあまりいい気分ではなかった。稽古に行くと集中してできる。きっといつかは楽しんでできるようになるだろうと思って続けたが、やはり楽しい反面苦手でやりたくないという気持ちがずっと続いた。周りからも、「そんな苦手だと思っていることをよく続けてられるね」と言われた。苦手でも嫌でも続ける自分を認めることが自分が存在する価値であると思い込んでいた。しかし、やめてしまった今では(本当はやめていない。師範には「休む」としか言っていない)、心安らかな週末を毎週迎えられる。⬇️のフレーズもそんな自分にぴったりのフレーズである。

うまくいく自分しか認めないと辛くなる ありのままの自分を認める

また、次のも自分には欠けていることである、

自分を好きになることでしか人生は変わらない できた数より頑張った数を数えてみよう(自分は自分)

合気道では本当に苦労したので、努力した自分を褒めてあげたい。

本当にどん底ならそれ以上下がることはない あとは上がるだけ

⬆️は病気にかかって、休職した私がその時の新年に自分に言い聞かせたこと。ウルフルズの「今宵の月のように」を聞きながら、「いつの日か輝くだろう 今宵の月のように」とサイパンの海に浮かぶ満月の写真入り年賀はがきにそう書いて、自分宛に送った。その年賀状は今も目の前に置いて、どん底から這い上がって今自分がいることを確認している。⬇️も併せて、肝に銘じたい。

ピンチから生まれたチャンスは見逃さないこと 不可能を可能と思う人が未来を作る

また、

できないのではなくできることが違うだけ 他の人ができても気にしない自分と同じだと思わない 今の自分ができることをすればいい思いっきり今を楽しめばいい(自分らしさ)

それと、

どんなペースで歩いてもいい 自分が心地よいなら どんなゴールを目指してもいい(いろいろな道)

は、出世やお金儲け、人の上に立って仕事をしていこうと少しでも考えていた自分を諫めるいい言葉だと思った。自分のペースでやる。嫌なことを我慢してやることはもうしない。ゴールは自分で設定する。

いい仕事をしたいなら 価値観が異なる人を受け入れなさい 一人で抱え込まず頼りなさい 愚痴を言うのをやめなさい 自分から挨拶をしなさい 笑顔で話しかけなさい 気遣いと感謝の気持ちを忘れないように いい人生が待っている(いい仕事)

価値観が異なる人 人を頼る 愚痴はダメ 笑顔 感謝 これらが自分ができていない部分 いい仕事をする人になるために、頑張らないと。

何をするにしてもその選択をしたのは自分(何度失敗してもいい)

よく連れ合いに言われるセリフ 失敗したときに「なんでそうなったか」聞かれると、「こうだったから仕方なく」や「○○がやれって言うから」などの理由を言うと、「どういう理由や言い訳があったとしても、誰がやることを決めたの?お父さんでしょ!?だったら、自分で決めたのだから自分のせいでしょ!不幸な結果になって責任を負わなければならないのなら、あやふやな態度は取らないで絶対断らなければならなかったね。」と言われる。確かにそのとおり。絶対にそのとおり。ぐうの音も出ない。やると決めた時から、自分の責任。ただ、何度でもトライできるし、失敗も何度もできるから、やろうとすることが大切。そんな連れ合いは⬇️のような人

運のいい人の近くにいるだけでいい それだけで運はよくなる(運を待つ)

口ぐせのように謝るのをやめなさい 他の誰かと比べて自分を嫌いになるのをやめなさい 誰かに認められたくて頑張ろうとするのをやめなさい 無理して予定を入れて満足するのをやめなさい 誰にでも好かれようと我慢するのをやめなさい 何でも一人で抱え込むのをやめなさい 頑張れない自分を責めるのをやめなさい 勝手に壁を作って一人で生きようとするのをやめなさい もっと自分を好きになりなさい(もうやめなさい)

自分が好きではないから、自信を持って毎日の生活を送ることができないし、自分に自信がないから人に頼れない。自分を誇れないから人から嫌われないように振る舞ってしまう。やはり、もっと自分を褒めてあげよう。そうすれば、自分を好きになれるかもしれない。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。