セミコロンの使い方が少しわかりました。

 大修館書店「英語教育2020年3月号」授業に生かせる基礎英語講座part 3 英文ルール総点検12「セミコロン」(翻訳者・翻訳講師 深井裕美子)を読んで

 セミコロン「;」の使い方は本当に難しい。実際に、英語で論文を書くときも使った覚えがない。というか、使えない。深井さんが丁寧にかつ的確にまとめているので、要約をアップしてみた。

 セミコロンの使い方は大まかに3つある。

 1️⃣ 2つの独立した節を緩やかにつないでいる

   I hate coffee; I love tea.

   この種のセミコロンは等位接続詞 (for, and, nor, but, or, yet, so) に置き換えることができるので,

   I hate coffee but I love tea.

と読み替えることができる。

 2️⃣ 第2文が接続副詞で始まる時に使われている

   I have coffee; however, I had no other choice.

However, therefore, otherwise, nevertheless, consequently, henceが接続副詞にあたり,通常はその後にカンマが置かれる。

 3️⃣ 複雑な列挙の際に使われている

The students came from Tokyo, Japan; Paris, France; Bonn, Germany; and Rome, Italy.

Tokyo, Japanが一つの括りになっているので,【;】で並列にして,最後はandでつないでいる。【 ,】だけでつなごうとすると,並列にしても意味がわからなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。