意思を貫くことで救われる命がある〜「1917命をかけた伝令」を観て

「もうダメだ」と思った時は、諦めることも肝心である。「やめたほうがいい。」「やっても無駄だ。」と言われたら、心折れる。「上司からの命令であったとしても、別の部隊の上司から命令を受けたら、それに従わざるを得ないと考えてしまう。」どんなことがあっても、自分の意思を貫くことでたくさんの兵隊の命を救うことができた。自分の意思をどうしても貫かなければならない時が一生に一回はある。

監督サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクの2人が、兄を含めた最前線にいる仲間1600人の命を救うべく、重要な命令を一刻も早く伝達するため、さまざまな危険が待ち受ける敵陣に身を投じて駆け抜けていく姿を、描いている。1917年4月、フランスの西部戦線では防衛線を挟んでドイツ軍と連合国軍のにらみ合いが続き、消耗戦を繰り返していた。そんな中、若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは、撤退したドイツ軍を追撃中のマッケンジー大佐の部隊に重要なメッセージを届ける任務を与えられる。戦場を駆け抜ける2人の英国兵をジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマンという俳優が演じている。(映画.comより抜粋、改編)

全編カメラ1台のワンカットで撮影されているという触れ込みであるが、CGなどで場面転換がされるところでは、いったん場面がカットされているようだ。しかし、ワンカットで撮られているシーンもかなり多くあり、そのシーンはかなり緊張があるストーリーが展開されている。カット割がされていないのに、次のシーンへ吸い込まれていくようにストーリーは移っていく。シーンとシーンのつなぎ目の違和感は全くなく、荒々しいところから静寂した美しいシーンへと動いていくところは見事である。

途中まではストーリーをブレイクが引っ張っていったので、彼が主役だと勘違いしてしまった自分がいた。しかし、途中で絶命し、そこからはスコフィールドが伝令を伝えるために危険な場所を疾走する。戦場で共に命をかけて戦っている兄弟や戦火のなか誕生したい小さな命を必死で守る母親。瀕死でも愛国心から敵兵に抗う兵士。野営場でも常に命を落としかねない状況で過ごす兵士たち。

殺さなければ殺される、そんな緊迫したシーンが随所にあり、戦争の恐ろしさが醜く描かれており、一方で命の大切さ、尊さを丁寧に描いている。

“意思を貫くことで救われる命がある〜「1917命をかけた伝令」を観て” への2件の返信

  1. 戦争の恐ろしさを伝えてくれることにプラスして、撮影の方法など映画に引き込む手法がとても工夫されている映画でしたね!
    また映画を気ままに楽しめる日が早くきてほしいですね!

    1. 私もそう思います。映画は文化です。後世に引き継がなければならない作品もあります。早く見れる日が来るといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。