これだけひどいことをしているのなら、こういう結末も致し方無い

シルベスター・スタローンの「ロッキー」に並ぶ代表作で、1982年に1作目が製作された「ランボー」のシリーズ第5弾。グリーンベレーの戦闘エリートとして活躍していたジョン・ランボーは、いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれて、PTSDに苦しんでいた。ランボーは祖国アメリカへと戻り、故郷のアリゾナの牧場で古い友人のマリア、その孫娘ガブリエラとともに平穏な日々を送っていた。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致されたことで、ランボーの穏やかだった日常が急転する。娘のように愛していたガブリエラ救出のため、ランボーはグリーンベレーで会得したさまざまなスキルを総動員し、戦闘準備をスタートさせる。監督はエイドリアン・グランバーグ。【映画.comより引用編集】

久しぶりの映画館はとても新鮮だった。コロナ感染拡大防止のために映画館がクローズになって以来、4ヶ月近く映画館に行っていなかったので、ワクワクした。その映画鑑賞復活の第1弾が「ランボー」でよかった。

シルベスタースタローンはスクリーンで観てもかなり老けているのがわかった。しかし、とても74歳とは思えないほど、溌剌としていて、演技、アクションとも申し分なかった。スタローン好きが見にきているので、観客の年齢層はかなり高かった。さすがに、製作や監督はしていないが、これまでの「ランボーシリーズ」をしっかりと受け継いだ作品となっていた。これならオールドファンも許してくれるのではないかと思う。

人身売買組織への復讐するランボーは、鬼の形相とかして、めちゃくちゃし始める。この部分も大切な人を亡くして単身で敵陣に乗り込むこれまでのランボーシリーズと同じである。しかし、今回は今までの中で1番怒りが出ていた。はっきり言ってめちゃくちゃしている。

人身売買組織もかなりひどいことをやっていたので、はっきり言って、グロい復讐劇になっているが、それも仕方がないと思う。

時間を忘れるくらいおもしろかった。幸せな2時間だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。